ローンは賢く計画的に

多目的ローンで自由なローンを

ローンというのは、たいていどんな目的で使用するのかを明確にしてから組むものです。
たとえば、住宅ローンにしろマイカーローンにしろ、ちゃんと使用するものの目的が決まってから組むものです。
ですから融資額というのもはっきりしていますし、使用目的もしっかりとしているので返済計画も立てやすいと思います。

ですが、中には特にこれといったはっきりとした使用目的は決めておらず、これくらいの金額を使用したいということでローンを組みたいときもあるでしょう。
何か趣味があるのであれば、その趣味にかける費用が一定の期間必要だという人もいます。
こういった、使用目的が曖昧にしか決まっていないけれど、費用が必要で組むローンを多目的ローンといいます。

多目的ローンはその名の通り多目的に使用することができるローンなので、使い道は自由です。
結婚を控えている人であれば結婚費用として多目的ローンを組むのもいいですし、習い事などの資金にして、自己投資として使用してもいいでしょう。
ですが、ローンを組むのに使用目的が曖昧というのは自由でいい分、無計画に使用してしまう恐れもあるので注意です。
多目的で自由に使用できるものの、返済計画をしっかり立てて、無理なローンは組まないように心掛けて使用することが大事です。
ですから、多目的ローンはローン返済に慣れている人、普段からお金の管理をきちんと管理できる人が向いているローンともいえるでしょう。
自由にできるローンといっても、無計画の利用は危険です。



このページの先頭へ戻る