冠婚葬祭に関するローン

人生の中でとてもお金がかかるイベントといえば結婚式とお葬式です。
結婚式の場合は両家で費用を負担することも多いので、多額の費用を一人で抱え込むようなことにはなりませんが、お葬式の場合は一家ですべて行わなければいけないので大変です。
同じ冠婚葬祭でも結婚式は前もって決められた日にちに向けてお金を貯金することができますが、お葬式は急に日にちが決まります。
また、結婚式のようになかなか自分のやりたいようにできないのも悩ましいところです。
お葬式は会場を借りて行うことがほとんどですが、100万はかかることがほとんどなので、支払いが心配な方はローンを組むといいでしょう。

お葬式も結婚式も、終了後に支払いを行うことが多いですが、終了後すぐに支払わなければいけないことが多いです。
追加などで、見積もりよりも費用がかかってしまうこともあります。
支払いで焦らないためにもローンを利用するととても便利です。

ですが、同じ冠婚葬祭でも、結婚式とお葬式にかかる費用というのは差があります。
結婚式の費用というのは、結婚式のその日を過ぎてしまえばもう結婚式関係で費用がかかることはありませんが、お葬式はお葬式終了後も初七日、法事、一周忌などで費用が掛かります。
仏壇関係、お墓関係でも費用は掛かってくるので、そういった費用も考えてローンを組むといいでしょう。

冠婚葬祭の費用というのは親戚付き合い、友達付き合いも影響してくるので、ローンで余裕を持っておきたいものです。



このページの先頭へ戻る