ローンは賢く計画的に

住宅ローンは家計を大きく変える

人生の中で一番大きな買い物といえば、住宅ローンなのではないでしょうか。
住宅ローンは期間も長いですが、毎月支払っていく額も大きいので、家計を大きく左右します。
ですから、住宅ローンを組むときは、できるだけ毎月無理なく支払っていける額で組みましょう。
これくらいは大丈夫だろうと思って組んでいても、思わぬ出費というのが出たときに支払えなくと困ります。
家族が増えると病気、けが、教育費などで予想外の出費というのは多くなっていくものです。

ですから、住宅ローンを組むときは多少余裕をもってローンを組みましょう。
無理をしたら手に入れることができる物件ではなく、無理しなくても手に入れることができる物件を選ぶことも大事です。
注文住宅であれば、資金で余裕がないのであればできるだけ余分な部分は省く努力をしましょう。

住宅ローンを組むときに選択できるのは、変動金利、固定金利など金利の選択のほかに、ボーナス払いの選択もできます。
ボーナスでの返済もいいですが、ボーナスを当てにしていると、減額やボーナスカットになった時に困ります。
できるだけボーナス返済はなしにして、月々のお給料で返済できるように計画をたてるといいでしょう。
ボーナスで余裕ができたときに、その分を繰り上げ返済して返済したほうが無理がないともいえます。

住宅ローンは月々の支払額も大きいですから、一度支払えなくなると次の支払いにも影響します。
月々の返済を怠らないようにすることが大事です。



このページの先頭へ戻る