ローンは賢く計画的に

住宅ローンの支払いが苦しくなったら

住宅ローンというのは、ある程度これからの自分の収入を見込んだうえで組む大がかりなローンです。
ですが、どんなに計画的に組んだローンであっても、景気の低迷によって計画が狂う場合もあります。
収入が減ってしまったり、リストラにあったりで、ローンの支払いができなくなってしまう場合もあります。
ですから、支払いが苦しくなったら、まずは住宅ローンの借り入れをしている銀行に相談してみるといいでしょう。

ローンも借り換えを行うことで支払困難だったローンが返済できるようにもなります。
ローンの残高が減るわけではありませんが、支払期限を延長することで月々の返済金額を減らすこともできますし、毎月の返済額を楽にすることができます。
最終的な返済額は増えるかもしれませんが、とりあえず今の困難な状況を乗り越えることができるのでありがたいでしょう。
ローンの借り換えというのは、現時点の窮地を救ってくれるものでもあるのです。

また、今まで住宅ローンを組んでいた同じ金融機関だけでなく、違う金融機関にも目を向けてみることが大事です。
今の住宅ローンよりも金利がお得な銀行があるかもしれませんし、今まで期限を忘れることなくきちんと支払いを続けていたのであれば、他銀行への借り換えがスムーズにいく場合もあります。

今まで変動金利で組んでいた場合は、金利が変わる年に支払いが困難になる場合も多いので、金利が変動になる時期に見直しを考えてみてもいいでしょう。



このページの先頭へ戻る