ローンは賢く計画的に

住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済は怠ると信用問題にかかわるので、毎月決められた日にちにきちんと支払いをしなければいけません。
ですが、忙しいとついつい忘れてしまいがちです。
ですから、忘れないようにするためにも、お給料が振り込まれる口座から毎月ローンを組んでいる銀行の口座に自動振り込みにしておくと便利でしょう。
毎月同じ額が忘れずに振り込まれるので安心です。

一番いいのは、お給料が振り込まれる口座が住宅ローンの引き落とし口座になっていることです。
ですから住宅ローンを組んでいる銀行口座を給料振り込みの口座にしてしまうのがいいのですが、仕事の都合上できない場合もあるでしょう。
しかし、もしできるのであれば、給料振り込みの専用口座にすることで、住宅ローンの金利が優遇されることもあるので要チェックです。
住宅ローンの金利は大きいので、少しでも優遇される方法があれば利用したいですね。

住宅ローンも、早く返済させるためには繰り上げ返済が必要です。
ボーナスや貯金などでまとまった金額ができれば、それを繰り上げ返済したほうがいいでしょう。
特に変動金利でローンを組んだ人は、まだ金利が低い変動前の期間にできるだけたくさん繰り上げ返済したほうがお得です。
言い換えれば、繰り上げ返済がたくさんできそうな人は、変動金利を選んだほうが有利だということです。

同じ額の住宅ローンを組んだとしても、返済方法を考えることによってかなり支払金額に差が出てきます。
自分にぴったりの返済方法を考えましょう。



このページの先頭へ戻る