ローンは賢く計画的に

住宅ローンの金利の選び方

住宅ローンには変動金利と固定金利があります。
変動金利とは、3年固定、10年固定など、その期間だけ低金利で、その期間後は金利が上がるものです。
子供が小さくて今は共働きができないけれど、数年たてば共働きができ収入が上がる場合、または、金利が低い期間にたくさん繰り上げ返済をしようとする人にぴったりの金利ともいえます。
ですが、固定期間が終了して、変動になる年にならないと、金利がどれくらい上がるのかが分からないというのが注意です。
ですから、金利が上がって支払いが困らないように、ある程度預金もしておかなければいけないでしょう。

固定金利の場合は、変動金利と違って金利が上がることがないので安心です。
フラット35など、35年間まったく金利が変わらないのでローン終了までずっと同じ金額を支払い続けていたい人にはおすすめです。
しかし、変動金利に比べて最初ローンを組むときの金利は高めになるので、最終的に変動金利よりもたくさん支払うことになるかもしれません。
ですが、景気に左右されることがないので安定を求める人にはお勧めです。

都心などの住宅では、一戸建てでなくマンションでも高額な住宅ローンを組まなければ購入できないこともあります。
そういった場合は、変動金利と固定金利両方で住宅ローンを組む場合もあります。
ローンのいくらかを変動、残りを固定といったように、二つ組んでうまく金利を調節しながら支払いをしていく人もいます。



このページの先頭へ戻る